スキンケア

睡眠が肌に良いと言われている理由について紹介

睡眠不足はお肌の大敵と言われるのはよく聞くと思います。

ですがなぜ睡眠不足は肌の大敵になるか疑問に思うことがありませんか?

今回の記事では、睡眠が肌に良いと言われる理由について紹介します。

是非最後までご覧ください

睡眠が肌に良い理由について紹介

寝ている間に分泌される成長ホルモン

睡眠は体に起きた損傷を修復するための時間でもあります。

脳と身体は疲労を回復させるほかに1日通した気づいた組織を修復しております。

肌に関しては紫外線によるダメージを受けやすい睡眠中の修復が重要になり、傷ついた組織を修復してくれる

成長ホルモンが活発に活動してくれるので睡眠を取ることはとてもおすすめです。

睡眠ホルモン(メラトニン)がすごい

睡眠をしっかりとることで睡眠ホルモンと言われている(メラトニン)が活発活動してくれます。

主な期待できる効果は

  • 質の良い睡眠をもたらし成長ホルモンの分泌を促す
  • 活性酵素を除去する
  • 肌の老化を遅らせる

質の良い睡眠=深い睡眠は、肌の荒れの改善、シワやシミの予防、肌のキメを整え美白へと導いてくれます。

このようなメリットがあるので是非睡眠を積極的に取ってもらえたらと思います。

睡眠不足が肌にもたらすデメリットについて

睡眠不足でターンオーバーが遅れる

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が不足すると、ターンオーバーが遅れます。

メラニン色素が肌に残り続けることでシミやくすみが原因となったりします

角質が排出されないため肌がゴワゴワしたまし、肌荒れを起こす一番の原因となります。

皮膚線維芽細胞の働きを低下する

プルプルとした張りのある肌はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった保湿成分のある繊維物質による作られます。

これらの物質を作り出すのが表皮の奥の真皮層にある「皮膚線維芽細胞」です。

皮膚線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを作り、肌の健康を維持しています。

寝不足になると成長ホルモンと皮膚線維芽細胞の動きが弱くなり、肌に大切な成分の働きが充分に発揮しないため

肌の水分を大きく減り荒れた肌になる可能性がとても上がります。

睡眠が肌に良いと言われている理由について紹介まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にではありますが肌に睡眠が良いと言われている理由についてまとめてみました。

睡眠をしっかり取ることで本来肌の持っている肌の回復能力を最大限引き出すことができます。

逆に睡眠の時間を減らす最大限引き出すことができないので肌荒れの原因となります。

是非お肌のために睡眠をしっかりとってみてください(^^♪

Copyright© えりかのダイエット研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.