ラントゥルース

ラントゥルースとチェルラーブリリオを徹底比較してみた

今話題のラントゥルースと前から話題になっているチェルラーブリリオを比較してみました。

具体的な内容は、ラントゥルースとチェルラーブリリオの期待できる効果と値段についてまとめてみました

是非参考になりましたら幸いです。

ラントゥルースとチェルラーブリリオの期待できる効果の違い

主な使用されている成分の比較

ラントゥルースの成分

水、プロパンジオール、加水分解卵殻膜、PEG-20、ソルビタンココエート、ラウリン酸ボリグリセリル-10、ヒアルロン酸Na、BG、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、マヨラナ葉油、ローズマリー葉油、クエン酸、レモングラス油、ニュウコウジュ油、グリセリン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、スクワラン、PVP(クエン酸/乳酸/リノール酸、オレイン酸)、グリセリル、オリーブ果実油、マンニトール、ラウロイルラクチレートNa、加水分解エラスチン、1.2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、ポリゾルベート60、トロボロン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、コレスチロール、フィトスフィンゴシン、カルボマー、キサンタンガム、水溶性コラーゲン、フラーレン、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-11

ラントゥルースで押しているメイン成分

✅卵角膜エキス
✅ヒト幹細胞培養液
✅フラーレン
✅ヒアルロン酸
✅マルチセラミド
✅エラスチン

一方チェルラーブリリオの成分は

BG、加水分解卵角膜、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンゲウムマリチムムカルス培養液、ムクゲカルスエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、aグルイアン、マンニトール、レシチン、グリセリン、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

チェルラーブリリオの主な成分

✅卵角膜
✅コラーゲン
✅ヒアルロン酸
✅シスチン

比較的に使用されている成分は似ているように感じます。

次は大きな効果の違いについて紹介します。

違い1ヒト幹細胞培養液を使用しているか否か

ラントゥルースに使用されている、ヒト幹細胞を活性化することのできる根本的なエイジングケアを行える成分です。

  • シワの改善、予防
  • シミのケアや美白効果
  • たるみケア
  • 抗酸化作用

これらの効果を期待することができ、植物由来の幹細胞と比較しても、ヒト幹細胞の方がより効果的だと言われております。

違い2美容成分も凝縮の量

チェルラーブリリオには高濃度卵殻膜エキスに加え、フラーレン・EGF・3種類の幹細胞エキス・水溶性プロテオグリカンなど

年齢肌を総合的にケアする美容成分がバランスよく配合されています。

使うほどにハリ・弾力はもちろん、潤い、透明感、ツヤ、若々しさ溢れる肌へと導きます。

ラントゥルース チェルラーブリリオ効果の特徴についてまとめ

ラントゥルース&チェルラーブリリオの期待できる効果を比較してみました。

主な成分は両方かなり似ており、どちらもかなり効果を期待できる商品ではないかと思います。

ですが、効果に確信を持って商品を購入したい方もいるかと思います。

そのような方は、ラントゥルースの方が良いと思います

ラントゥルース チェルラーブリリオの値段の比較について

ラントゥルース チェルラーブリリオ
初回価格 2980円 1996円
2回目以降の価格 8980円 5072円
定期購入の回数縛り なし なし

値段で考えてみると(^^♪

チェルラーブリリオの方がお得ですね

ラントゥルースとチェルラーブリリオを徹底比較してみたまとめ

今回の記事では、ラントゥルースとチェルラーブリリオを比較してみたについてまとめてみました。

ラントゥルースとチェルラーブリリオは比較してみて、とても似た商品であるということを実感しました。

✅価格重視の場合はチェルラーブリリオ
✅効果を重視するならラントゥルース

是非!読者様の希望にあった方を購入してみてください(^^♪

Copyright© えりかのダイエット研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.