コーヒーダイエット

カフェリーチェの副作用は大丈夫?下痢など吐き気などの心配は必要なし?

カフェリーチェは、にしおかすみこさんが短期間で-5kgのダイエットに成功した時に話題になったダイエットコーヒーです。

カフェリーチェの口コミは大評判で、作者個人としてもすごくおすすめの商品です。

こちらの記事では、いま話題のカフェリーチェの使用する前に絶対にしっておきたい、考えられる副作用についてご紹介いたします。

記事の内容↓

①カフェリーチェの副作用について
②副作用が考えられる成分について紹介
③妊娠中・授乳中の使用ついて

これからカフェリーチェを購入を検討されている方の参考になればと思います☺

カフェリーチェに副作用があるという噂の真相は?

カフェリーチェを使用するにあたって副作用が心配な方もおられると思います

カフェリーチェを安全に使用するためには、こちらの2つの副作用について理解する必要があります

①カフェイン
②食品アレルギー

これらの2つの副作用を理解して、安全にカフェリーチェの使用しましょう。

副作用が心配されている理由①カフェイン

カフェリーチェはダイエットコーヒーということもあり、カフェインが使用されております。

この記事を読まれている方もご存じかと思いますが、カフェインは飲みすぎると、下痢・吐き気・興奮・不安・震えなどの副作用もたらす可能性があります。

安全にカフェリーチェを使用するためには、1日3~5杯程度に控えることをおすすめいたします。

副作用が心配されている理由②食品アレルギー

カフェリーチェには、美容効果のある成分に以下のものが使用されております

インスタントコーヒー(コーヒー豆(インドネシア、エチオピア))、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、デキストリン、イヌリン(水溶性食物繊維)、有胞子性乳酸菌末、ショウガ末、チオクト酸(α-リポ酸)、プランタゴオバタ末、酪酸菌末(乳成分・大豆を含む)、L-カルニチン酒石硫酸塩、γ-アミノ酪酸、ケイヒ末、黒胡椒エキス、青トウガラシ発酵エキス、白桃花エキス(ももを含む)/ビタミンB6、ビタミンB1、L-アラニン、L-アルギニン

この中には、もも・大豆入っており、大豆・ももにアレルギー反応がある方は使用をご控えください。

カフェリーチェは授乳中や妊娠中でも使用しても大丈夫?

妊娠中や授乳中にも使用検討されているかと思います

結論から申し上げますとカフェリーチェは妊娠中・授乳中の方も問題なく使用することができます。

ですが、カフェリーチェにはカフェインが含まれており、カフェインを過剰摂取すると、血管を収縮させるため赤ちゃんに運ばれる栄養や酸素が少なくなると言われているため、摂取する量は1日あたり1日3~5杯程度に控えることをおすすめいたします。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

簡単にまとめると。。。

  • カフェリーチェの考えられる副作用は、カフェインと食品アレルギー
  • 妊娠中・授乳中の人の使用はOKだが、カフェインが含まれているため過剰摂取はNG

是非これからカフェリーチェの購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

Copyright© えりかのダイエット研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.