ビーアップスタイル

ビーアップスタイルの成分から見る副作用(危険性)について徹底調査

SNSで話題のプロテインサプリビーアップスタイル

このプロテイン系のダイエットサプリは味が良くないという声が多いですが、ビーアップスタイルが味が良く苦痛になりにくいということでとても話題です。

今回の記事では、成分から見る副作用(危険性)についてまとめてみました。

是非最後までご覧ください

ビーアップスタイル(BeeupStyle)の成分はどんなものを使用しているの?

うさ吉
段落ごとにわけてい一つずつ紹介していきます♪

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、ヨーグルトの上にのみできる液体から排出したプロテインになります。

BCAAと呼ばれる3つのアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)も豊富に含まれています。

一番のポイントは、低カロリーで吸収・消化の速度がとても高く、タンパク質の代わりにもっとも最適な成分の一つだと言われています。

ソイプロテイン

厳選した大豆から抽出したソイプロテインは、イソフラボンを含み優れた栄養価を持ちます。

吸収・消化のスピードはとても緩やかなので腹持ちがとてもよくなるという特徴があります。

ライスプロテイン

ライスプロテイン、穀物由来で体に必要な栄養素(ビタミン・ミネラル・食物繊維)をなど含んでおり

ホエイプロテインやソイプロテインに比べると消化がとてもしやすくなっています。

 ビーアップスタイルの4大美容成分とは?

ビーアップスタイルの中でも最も注目されている4つの成分について段落ごとにご紹介いたします。

プラセンタ

ビーアップスタイルには、植物繊維のメロンプラセンタがたくさん含まれております。

このプラセンタには、アミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれており多くの栄養価を補うことができます。

コラーゲンとケラチン

肌の弾力やハリを担う成分として注目されているコラーゲンの一つです。

髪の主成分でもあるケラチン・タンパク質としても有名なケラチンも多く含まれております。

イソフラボン

ソイプロテインには、タンパク質だけではなく大豆イソフラボンも含まれており、大豆の胚芽から抽出した貴重イソフラボン

でもあるフジフラボンも配合されております。

添加物はどうなの?

栄養素というより味を調えるために含まれている成分になります。

主な添加物を段落ごとに紹介していきます。

ココアパウダー

チョコレートなどによく使用される成分です。

ビーアップスタイルはこのココアパウダーを使用しているからチョコレート風味が楽しめるのだと思われます

難消化性デキストリン

コーラなどよく使用されている成分の一つです。

摂取のしすぎとお腹ゆるくなりやすいと言われております。

しっかり飲み方を守って飲むとゆるくなることもありませんので量を守っていただけたらと思います。

乳等を主要原料とする食品

脱脂粉乳やホエイパウダー、植物油脂など合わせて作成されたものになります。

純粋にバターを呼べないものや、フルーツヨーグルトなどに多くみられる成分です。

海洋深層水加工品

ミネラルがとても豊富なため食品を加工される際によく使用されます。

その他よく見る添加物が入ってる

  • 香料
  • 増粘剤(キサンタンガム)
  • 乳化剤
  • 酸味料
  • 甘味料(ステビア)
  • 環状オリゴ糖

これらもよく食品の成分表示で見かけるのではないでしょうか。よって副作用などの危険性はないと判断してよさそうです。

ビーアップスタイルの成分から見る副作用(危険性)まとめ

いかがでしたでしょうか?

成分から見る副作用(危険性)について調べてまいりました。

調べてみると副作用などがある成分など使用されていないように感じました。

是非今なら初回500円で購入することができるので気になる方は検討してみてはいかがでしょうか?

▼今なら通常8,600円が

初回限定500円

全国どこでも送料無料

>>ビーアップスタイルを公式サイトで見てみる<<

Copyright© えりかのダイエット研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.